葬儀の様式にはそれを行う人たちの死生観、宗教観が深く反映される。

その意味で葬儀は、宗教が文明に発生する以前の旧石器時代から行われてきていた宗教的行為であるといえる。

また、葬儀は故人のためだけでなく、残された人のために行われるという意味合いもあり、

残された人々が人の死を心の中で受け止めるのを援助する儀式でもある。 (ウィキペディアより)

このことから歴史的に残された方々への為でもあることがわかりますね。