祝日法によるとこどもの日は

「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する日」。